はじめまして

sponsored link




はじめまして。管理人のGRE(ぐれ)です。

こちらは私がどんな人なのか知りたいという物好きな方が読んで行ってくださるページになっています。

興味のない方は読み飛ばしていただいて構いませんが、ひじょーに寂しい限りです!

このページにたどり着いたのも何かのご縁ということで、どうかお読み頂ければ幸いで御座います。

ブログを開始した理由

キャンピングカーZiL522の購入を決意し、納車後の使用感など、いろいろとレビューしていきたいと思って開設しました。

しかし、納車まで半年もあることから、それまでの長ーい期間、他の話題も取り上げながら時間つぶしも兼ねて、いろいろと綴っていこうかなと投稿をはじめました。

ブログの名前の由来

キャンピングカーZiL522とともに、人生を歩んでいこうという気持ちからです。

しかし、”ZiL522は我が人生”ではなく”「ZiL522は我が人生」となれ”となったのは、まだ所有できていない状況下で、いきなりZiL522は私の人生です!と言い切るのはちょっと無理があるかなと思いまして。所有したらブログ名を変えるか変えないかは、今のところ未定です。

※ 追記:当面はこのブログ名でやって行きます。

どんなテーマで投稿していくのか

ブログ名通り、もちろんZiL522の話題満載で行きたいと思っています。

が、それだけではネタも尽きてしまいますので、脱線もします。

むしろ脱線の方が多かったりしてw。

キャンピングカー以外の話題では、バイク、PC、モバイルツールをはじめとするガジェットも大変興味があります。MacBookProが欲しい、今日この頃です

※2017年7月に悲願のMacBookProユーザーになりました!!

こんなひとです

いちおう会社の経営者です

たいへん小さな会社ですが、電気関係の会社で代表取締役をしています。

おかげさまで、今期で25期目を迎えました。

とりあえず休みが取りづらくてキャンピングカーを使ってキャンプに出かける機会がなかなかありません。

キャンピングカー乗りが休みが少なくてキャンピングカーに乗れない!なんて、われわれ人間というものはこういう矛盾した中で、日々生活しているんだなあとつくづく思う今日この頃であります。

2度の離婚を経験する

最初の離婚の原因は、私の出張中に起きた妻の過ちでした。10年の結婚生活で突然に襲ってきた晴天の霹靂。

最初はちょっとした遊びのつもりだったんでしょうが、私が気付いた時にはすでに遅しで、完全に妻は相手の虜になっていました。

私はまだ4歳になったばかりの息子を抱えてシングルファーザーとして再出発しました。

そんな矢先、今度は息子の世話を日中引き受けてくれていた母に癌が見つかりました。

癌の摘出は成功しましたが、さすがに退院してから再び息子の世話をしてもらうわけにもいきません。

私はついに誰にも頼らない正真正銘のシングルファーザーとなり、それをしばらく続けていました。

しかし、男手のみでは子育てに限界を感じ、また次の結婚という選択を決意しました。

ところが…。

2度目は子連れ同士の結婚でした。妻にはうちの息子より一つ下の娘がいました。

私はずっと娘のことも自分の子のように可愛がっていましたが、妻は次第に息子に冷たくあたるようになってしまいました。

それが原因でまた離婚することになりました。

しかし後で思えば、私も再婚しておきながら毎晩遅くまで仕事をしていて、帰宅時にはみんな寝ているという状況を作ってしまい、

妻は私の子の面倒まで一日中ずっと任されているというストレスから、息子に対するいじめに発展して行ったのだと後から思うようになりました。

私が休みの日には、逆に私が二人の子供の面倒をみて、妻を子育てから解放させなくてはならないという日々が続きました。

当然、そんな生活では夫婦の溝は深くなっていくばかりでした。

ことのすべては、お客さんのエスカレートする要望を拒否できなかった私に責任があったと言わざるを得ません。

どんなに仕事が忙しくても、まずは新しい家族を守らないといけなかったはずなのに、またもや仕事を優先してしまったという失敗を繰り返してしまいました。

子供たちをお風呂に入れてあげたりすることぐらい、ずっと協力してあげられたらどんなによかったかと。

同じ過ちはもう繰り返さないと誓ったので、もう結婚はないと思っています。

離婚後に思うこと

まさか自分がバツ2になるとは夢にも思いませんでしたが、2度の離婚を経験するとそれなりに精神的に強くなります。強いというか、細かいことを気にしなくなるというか。

あと、本当に大切なものはなんなのか?ということもほんのちょっぴり分かってきたような気がします。

それは人それぞれで、他人が強要できるものではありませんが、2度離婚した私がはっきり言えることは、

本当に大切なものは ”仕事” ではなく ”家族” だ。

ということです。

幸いにも、私には最初の嫁さんが産んでくれた息子がひとり居てくれています。

私にとっては、息子が一番の宝物です。

 

※追記1:2018年3月、親権変更により、息子が最初の妻の元へ行ってしまいました。

月に一度の面会だけがたった一つの楽しみになってしまいました。

※追記2:2018年6月以降、面会謝絶となり現在まで一度も顔を見ることはありません。

 終わりに

息子とキャンピングカーでいろいろな所に出かけるつもりでしたが、残念ながら一緒に暮らすことすらできなくなってしまいました。

月に一日だけの面会では、キャンプなどには行けませんが近くを一緒にドライブしていました。

しかし、今となってはそれも不可能となってしまいました。

なので最近では基本的に独りで出かけては、ツイッターなどに近況を投稿しています。

最近は、少し考え方を変えて、そういう一人旅も悪いものではないというように、前を向いて行こうと思っている今日この頃です。

そして前を向いて行きていれば、必ず少しずつ前進するはずだという思いを胸に秘めつつ、頑張って行こうと思っています。

いつの日か、また大きくなった息子と再会し、このZiL522で一緒にどこか遠くに出かけられることを願って…。


sponsored link







2 件のコメント

  • 初めまして。田中と申します。人生、どのような状況にあっても、旅はいいですよね。確かに、仕事が忙しくなってくると、無性に旅に出たくなりますね。私も、今年の1月まで、キャンピングカーを所有しておりまして、訳あって手放さざるを得なくて、売却したしまいました。4年間、大切に乗ってきた車輌だったので、かなり落ち込みました。ようやく、気力も戻り、こんどはトレーラーにしようかなぁ、と思っているところです。旅の魅力、キャンピングカーの魅力に取りつかれてしまうと、もう、抜け出せないですね。あの、世界を知ってしまったら中毒にかかったようなものです。旅を愛するもの同士、よろしくお願いいたします

    • こんにちは。初めまして。
      一度手にしてしまったキャンピングカーを手放す事は非常に辛い事だと思います。
      私もトレーラーからキャブコンへと乗り継ぎましたが、いつ手放す事になるかもと思うと、生き甲斐がなくなるのでは?と思ってしまいます。
      いろんなスタイルのキャンピングカーがあるので、そのスタイルに合った楽しみ方をすればどんなキャンピングカーでも人生を豊かにしてくれるものだと思います。
      どうかまた田中さんに再びキャンピングカーライフが訪れる事を願っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください