NH37 ANA37便 緊急着陸!32年前の悲劇が再び!?偶然のいたずらにしては怖ろし過ぎる!

sponsored link




※この記事は8月13日にSmartNewsに掲載されました。

羽田発-大阪伊丹空港行きANA37便に緊急事態が発生

発表によると8月12日午後6時半ごろ、羽田発-大阪伊丹空港行きANA37便に緊急事態が発生。急遽、同機はスコーク77を宣言し、羽田に引き返すというトラブルが起きました。

ちょうど32年前の今日812日の1800分、同じく羽田発大阪伊丹空港行きJAL123便が羽田空港を離陸後に緊急事態が発生し、御巣鷹山に墜落するという悲劇が起きました。

偶然にしてもゾッとしてしまいます。

f:id:zil522isgreat:20170813014247p:plain

フライトレーダー24でもはっきりとエアターンバックしているのが記録されています。

スコーク77ってなに?

スコーク77(スコークなななな、スコークセブンセブン)とは、

航空機から信号を発信→中継器が受け取る→他の航空機に状況を伝える

というシステムでコードによって状況を伝達しています。

  • 7500→ハイジャック
  • 7600→通信機故障
  • 7700→緊急事態

今回は7700、つまり緊急事態の信号が伝わりました。

仮にハイジャックされて犯人がコックピットにいても、

パイロットがコードを入力すれば無線で交信せずとも伝達できるということです。

機内では何が起きていたのか?

緊急事態発生時の客室内の映像

youtu.be

CAのアナウンスの声が震えていたとの情報提供があるようですが、

動画を見る限り声の詰まりが所々あるものの、

客室乗務員は比較的冷静に対応されているように思えます。

また、後半にパイロットからの説明が入りますが、

口調は穏やかで客室の緊張を和らげているように感じられます。

日頃から多くの訓練を通して、危機管理がどれだけ徹底されているかを知ることができます。

ツイッターでは

機内が焦げ臭い

 

ANA37便 羽田18時発に搭乗したところ、1824頃の離陸の際にバンと大きな音がし、その後の上昇中もガーという音が続き、振動がシートに伝わる状況でした。

引用元 www.okamilernoboyaki.com(引用元へはこちらから)

原因は?

全日空の担当者いわく「油圧系統の不具合の可能性があったため、機長の判断で羽田空港に引き返しました。午後8時までにけが人などの報告は受けていないです。」

国土交通省やANAは事故が起きた原因について、詳しく調べを進めています。

※8月13日12時50分追記

ANAより正式に事故原因についての見解がありました↓

指定されたページが見つかりません│ANA

※ページが削除されたようです。すいません。

代わりに、探し物があるなら空の旅に出かけましょう、というページに変わりました。

なかなか粋なコピーです。

※8月13日21時00分 最新情報追記

by www3.nhk.or.jp

※こちらも数日後、削除されてしまいました。

ANAのように粋なページは出てきません。

JAL123便との共通点

状況の共通点

・18:00発
・東京発伊丹行
・気圧異常
・離陸後にバンという異音
・8/12

飛行ルートからも

JAL123便との相違点

JAL123便=離陸後、制御不能に陥り御巣鷹山に墜落。

(パイロットは右旋回=陸側を選択)

ANA37便=エアターンバックで難を逃れる。

(パイロットは左旋回=海側を選択)

※JAL123便とは違う選択をしたのは、後のFFS(フルフライトシミュレーター)で同じ状況を想定しての訓練から導かれた結果ではないかと思われます。

同じフライトプラン(同じ航路の飛行計画)であれば、なおさら何度も同じ訓練をしているものと推測されます。

まとめ

類似点の要素があまりにも多いので、偶然という言葉だけで片付けられない事象に違いない。

最終時点での相違の理由は、単に「テクノロジーの進歩があったから」ということだけなのだろうか?

時が何年、何十年経とうとも、絶対に風化させてはならないことがある。

今日の出来事は32年前の悲劇が改めて我々に問いかける大きなメッセージになったことはいうまでもない。

NH37 ANA37便にご搭乗のみなさんへ筆者からのご挨拶

ご搭乗の皆さまへ。

本日も、お仕事に、そしてご旅行にANA37便をご利用されていることと思います。

また、数日後にご搭乗を控えていらっしゃる方もいるかと思います。

この記事を書かせていただいた理由は、決してこの度の緊急着陸という事態にまで発展した出来事を、根拠のない噂で広めようとしたのではありません。

私も仕事で、主に国際線のフライトを年間20回くらいのペースでよく利用していました。

おかげで、何も知らなかった航空関係の事に非常に興味を抱くようになりました。

決して詳しくはありませんが、航空オタクに近いかもしれません。

ちなみに「月刊エアライン」の定期購読もはや10年が経とうとしています。

この度の緊急着陸で、搭乗者の皆さんには大変な不便を強いられたかと思いますが、何よりも全員無事であったという事が嬉しくて記事にさせて頂きました。

JAL123便で犠牲に遭われた方々には、本当にお悔やみを申し上げる次第ですが、2度と起きてはならないことだと思います。

空の旅は本当に素晴らしいものです。

機窓からの眺めは、2度同じものはなく、毎回私たちに深い感動を与えてくれます。

みなさんにとって、このANA37便のフライトが思い出深いものになる事を願っています。

Have a nice flight! Good day!

この記事を書いた人




sponsored link







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です