東名バス事故を教訓に考えてみる

sponsored link




東名バス事故。

対向車線から車が突然飛んできて、観光バスに正面衝突。

あの衝撃的な映像を初めて見たときには、

まるで自分が運転している車に衝突したかのような

錯覚を覚え、思わず目をつぶってしまった。

何とも恐ろしい光景である。

バスの運転手さん、咄嗟の判断で左にハンドルを切った。

抜群の反射神経。まさにプロである。

そのおかげで強度の増したフレームに相手の車が当たり、

けが人は出たものの、シートベルトの助けもあり、

乗客は全員無事であった。

このニュースを見て思った。

もし、あれがバスではなく、

自分が運転するであろう、ZiL522だったとしたら?

もちろん車内には、ちゃんとしたシートに、ベルトも装備してある。

走行中はもちろん全席シートベルトを着用しなければ違反になる。

しかし、だ。

巷で見かける走行中のキャブコンの車内の私の勝手なイメージは、

「ひょっとしたら、あのキャンピングカー、

車内で自由に歩き回ったり、寝転がったりしてるんじゃないのか?」

というように疑問が湧くのである。

例えば、高速SAでお昼ご飯を食べたとしよう。

お腹も落ち着き、そのまま休憩しているうちに子供が眠いと言い出した。

「後ろのベッドで寝ておきなさい」と私が言う。

「後ろのベッドはいやだ。上で寝たいよ~」と子供。

バンクベッドですね。

「仕方ないな~、じゃあ上で寝なさい」と私が渋々言う。

そして、子供がハシゴにヨイショ、ヨイショとよじ登り、

バンクベッドでお昼寝タイムとなった。

しばらく経っても子供は起きようともしない。

ん~、どうしたものか。

走るためには起こさないといけないし、

でも、せっかく寝ているところを起こすのも可哀そうだ。

このまま寝かしたまま、走るとするか…。

危ないことはわかっている。

でも事故に気をつけて安全運転で行こう。

そうだ!スピードを控えめにして、ゆっくり行けば大丈夫だ。

子供を起こさないように、ゆっくり、ゆっくり…。

前にトラックが走っている。こちらも遅いが、さらにもっと遅い。

仕方ない、抜かすか。

やがて走行車線から追い越し車線へ。

若干登っているのか、なかなか抜けない。

もう少しだ、がんばれ!(ディーゼルだから実際には案外すんなり抜いたりして。妄想中なので、あくまで抜けないという設定で)

と、その時、対向車線から突然車が飛んできた!

あっ!うわぁぁぁー。

咄嗟にハンドルを左に切る私。(ここはバスの運転手さんと一緒)

ガシャーン!

フロントガラスが一面に飛び散る。

目の前が真っ白になって、一瞬何が起きたのか想像できない。

やがて、ガードレールにFRPの車体をガリガリとこすりながら、

ようやく私のZiL522が停車する。

そうだ!子供は?子供は無事なのか?

粉々になったガラスの破片を払いながら、上を見上げると…

何もない!

たしか大人3人が余裕で寝られる(合ってますよね?)というバンクベッド。

それが、すっかり吹っ飛んでしまっているのだ。

子供は?どこに行ったんだ?

車外になんとか転がり落ちるように脱出した私は、

はるか後方にバラバラに吹き飛ばされたバンクベッドの破片を、

見るや否や、その場にガクンとひざまずくしかなかったのである。

~完~

この映像を見て誓いました。

納車された暁には、

走行中は絶対に、

きちんとシートベルトをします!させます!


sponsored link







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です