どんな小さなことでも記事にしようという姿勢が大切

sponsored link




早速ですがお詫びから

検索流入から来られた方へのお詫びです。

このブログは一応キャンピングカーZiL522に関するものをアップしていこうというコンセプトのもとに成り立っていますが、

その肝心のZiL522はまだ納車されていませんので、

いつも他のいろんな話題に頼ってしまっています。

キャンピングカーの話題を求めてここへ来られた方は、

「な〜んだ、キャンピングカーのブログじゃないの?ここ?」

って怒って帰っちゃうかもしれないですね。

すいません…、今しばらくお待ちくださいませ(T . T)

読んでもらえてる感ゼロ

ブログを始めてから約一ヶ月半が経とうとしていますが、

やっぱり記事も少ないし文章も完全にど素人なので読んでもらえてる〜って感触が1ミリも伝わって来ないんですよね!(笑)

最初の二、三ヶ月はほとんど読んでもらえないので苦しい時期なんだと口を揃えて仰っているのをどこかの達人さんの対談で見ました。

そして、モチベーションをどう保てば良いのか?という事について議論を交わされていました。

その中に、とりあえず身近な友人とかに「ブログ始めたから見てみて!」と言ってスタートしてみたら?というのがありました。

実は、私はこのブログの存在をまだリアルの友人、知人には誰一人にも公開していません。それはなぜか。

それは、今のような弱小ブログでは、仮に公にしたとしても大したインパクトもない。

どうせまたなんか始めて、飽きたらすぅーって居なくなるだけでしょ?

って軽〜く思われるのが嫌なんです。

しっかり読者を増やし、できれば月間10万PVくらいになった時に初めて公開しようかなと思ってます。

それまでは「ブログやってるよ!」って言わずに、心に秘めておこうかなと思ってます。

ほんとは言いたいんですけど、ガマンガマンです。

ガマンするたびにいつも自分に言い聞かせてる事があります。

それは、「お前のブログ、誰を相手にしてる?お前の周りのごく少数な人たちか?

それとも、そのもっと向こうに広がっている日本全国の人たちなのか?」と。

濃い記事だけを投稿する?

たくさんの人たちに読んでもらうために内容の濃い記事のみを投稿しなければならないのか、

それとも薄っぺらでもいいからとにかく毎日記事を増やしていったほうがいいのか、

賛否両論あると思います。

日記ではなく記事を意識して投稿するようにしよう、

という頃はとにかく色々考えてました。

考えすぎてなかなか記事が公開できてませんでした。

私が思うに、濃い記事を書こうと思ったら、

より専門性を求められるんじゃないかと思っています。

私のようなごく一般人にはそんな専門性はハッキリ言って、ないです!

じゃあ、専門性がないんだったらせめて薄っぺらでもいいから、

なるべく頻繁に公開してみよう!という考えに今はなってきています。

イケダハヤトさんもそんなことを言っています。

質より量です!って。

2980円も払って購入したイケダハヤトさんの有料マガジンに

そう書いてあったんだから間違いはないです!(笑)

まとめ

そもそもブログっていうものは、こういうのが正解でこういうのが不正解っていうのがない自由なものだと思うんです。

アフィリエイトで稼ぐんだったらこれが正解!っていうのはあるかもしれませんが、

そっくりブログそのものを真似たって自分の個性が死んでしまうだけでつまらない。

それよりも自分の考えを主張するところが自分のブログなんだと

ごく当たり前のことに気がついて、とにかく自分の考えをどんどん出しまくって行きたいなと思ってます!

あ〜、それにしてもZiL522の納車、まだかな〜


sponsored link







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です