『殿様』のワードでググったらほぼ『バカ殿』でワロタwwwwww

sponsored link




みなさん、こんにちは。ぐれです。

ブログ名がキャンピングカー関係なのに、今回もキャンピングカーのキの字も出てきませんので、最初にお詫び申し上げます(笑)

今日、8歳の息子がマッサージ機に踏ん反り返っているのを見て、「まるで殿様だな!」と私が言った。

すると息子が「”とのさま”? ”とのさま”ってなに?」と訊くので、

「え?殿様知らないの?じゃあ、見せてあげるよ!」となった。

と言っても本物の殿様を呼んでくるわけにもいかないので、早速ググってみた。

すると…

まあ出てくる、出てくる『バカ殿』が!www

私が求めていた殿様の画像とは、いわゆるこんな画像である↓

https://i0.wp.com/livedoor.blogimg.jp/sangokuken/imgs/4/5/45e6d975.jpg?w=440

なのに、『殿様』というキーワードでググるとほぼ9割くらいが『バカ殿』の画像がヒット!これには私がいちばん驚いた!

さすがに殿様の説明のために『バカ殿』の画像を見せるわけにはいかない。

そもそも殿様ってなに?

『殿様』の定義について、あえて私は言及しない。

なぜなら、江戸時代そしてそれ以前のことは、研究者でもない私がわかるわけがない!キッパリ!(笑) 電気の配線のプロだが、歴史学のプロじゃないんだから!

実はこれをいい機会にちょっと調べてみたのだが、はっきり言って明確な答えというものにたどり着けないのだ!

でも、家臣を従えている人=殿、という呼び方が一般的だったようで、将軍も、大名も旗本も、みんないわゆる「殿」だったんでしょう、おそらく。あ〜、なんてアバウトなんだ(笑)わかるわけないでしょーが、江戸時代のことなんて!何年経ってんだっ!

もはや『殿様』=『バカ殿』?

まあ、『殿様』のことが理解できたところで(ほんまかいな?)、小学生の息子にちゃんと見せて説明できる画像を厳選しなければ、このままでは危うく『殿様』=『バカ殿』になり兼ねない!

そんな私の心配をよそに、

「”とのさま”ってなに?バッタのこと?」

マズい、非常にマズいぞ!

これが…

https://i0.wp.com/livedoor.blogimg.jp/sangokuken/imgs/4/5/45e6d975.jpg?w=260

これになっちゃマズいっしょ?

https://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp/res/blog-45-2d/himebow/folder/183158/54/33528254/img_0?1290940796

バカ殿なんかをはるかに超越して、もはや虫に到達してしまっている。

「いやいや、バッタじゃないから。ちょっと待って。」

って他をググろうとした、その時である!

「ちょっとその電話貸して!」

「あ!待って!」

「これ見たことある!バカ殿!」

バカ殿は偉大なのだ

”志村けんのバカ殿様”は2016年6月15日の放送で30周年を迎え、現在でも年に3回の番組改訂時に放送が続いている長寿番組なのである。

しかも、1977年に『8時だョ!全員集合』中に放送されたコントが初めてであるから、バカ殿が誕生してからもう40年にもなる。

少なくとも現在40歳以上の人は ”人生のほとんど、または半分”を占めるほど『バカ殿』をなんらかの形で見てきたはずだ。小学生からお年寄りまで、知らない人は居ないぐらいだ。

『バカ殿』が日本の国民ににもたらした影響。それが、直接Googleの検索エンジンにも多大な影響を及ぼしているのか?

現に今の小学生たちに問いたい。殿様ってどういうのか知ってる?って。

おそらくほとんどの子が『バカ殿!』って答えるはずだ。

もう、いっそのこと、広辞苑に

「殿様」の意味に「バカ殿」も加えてしまったいいんじゃないかな!いやいや、もう加えるどころか筆頭で、

殿様=バカ殿のこと

でよくない?(笑)

単に検索キーワードの問題

いうまでもなく、実は本当のところは検索エンジンの特性というかシステムが、単に「殿様」=「バカ」+「殿様」の後半部分に引っ掛かっているにすぎないのだろう。

しかし、インターネットが普及するずっと以前の昭和の時代に生まれた『バカ殿』というキャラクターが、なおも高度情報化社会を中心とした現代にまで生き続けている。年々、加速する時代の変化に消されることもなく、ずっと人々に愛され続けている。

そういう背景を、もしかしたらGoogleエンジンが判別して検索結果を出しているのだとしたら?

私は堂々と息子に説明できるだろう。

「そうさ『殿様』とは、『バカ殿様』のことなんだよ」って!

我々の生き方も、『バカ殿』から学ぶことがきっとあるに違いない。

※補足 ちなみに『将軍』というキーワードで行くと、『暴れん坊将軍』がかなりの数でヒットする…。

やはり単に言葉尻にすぎないのか!次の記事は暴れん坊将軍に決まりか?(笑)



sponsored link







2 件のコメント

  • naoさん、コメントありがとうございます。
    DVD、全部持ってるなんて凄いですね!
    我々、昭和の世代の笑いのルーツはドリフに違いないでしょうからね!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です