【キャンピングカーの選び方】私がZiL522(ZiL520)に決めた7つの理由。

sponsored link




初めてキャンピングカーを購入する時、何を基準に選んでいけばいいのか迷ったりしませんか?

キャンピングカーは高価な買い物なので、「買って失敗したなあ」となっては困りますよね?

今回は、私がどういうところが気に入って、ZiL522(ZiL520)に決めたのかをお話しして、

購入の際のヒントになればいいなという思いから記事にしてみました。

理由その1. ZiL522(ZiL520)は人気車であるから

出典:グーネット

キャブコンというカテゴリーの中で、特に人気のあるキャンピングカーがバンテック社のZiLシリーズです。

雑誌「月刊オートキャンパー」でも、表紙をめくれば1ページ目にバンテック社の広告が載っています。

ZiL520ですが、上の写真でもおわかりのように7年落ちでもかなりの高値で取引されてますね!

それだけ人気車であるということを証明しています。

人気車であるということは、それだけトータルでクオリティが高いのでは?という予測が立つのですが、

何より人気車ゆえのメリットと言えるのが、下取りや買取時の価格が高いということです。

キャンピングカーは、普通の自家用車に比べて資産価値が下がりにくいです。

私は、そんな中でも特にファミリー層に人気があるZiL522(ZiL520)に決めました。

Check!
買い替えのことも想定し、資産価値の下がりにくい人気車を選ぼう!

 

理由その2. トイレに惚れたから!

出典:バンテック

私が一番に気に入ったのが実はこのトイレです!

HOBBYとかのヨーロッパのトレーラーでは当たり前かもしれませんが、

今までのキャブコンで、こんなおしゃれなトイレは見たことがなかったです。

今までのキャブコンのトイレって、まるで取ってつけたかのような簡素なマルチルームだった印象。

しかしこれは、まるでホテルのような豪華さですよね!

使うのがもったいないぐらい綺麗な仕上がりのトイレ。

でも早く使ってみたいです(^ ^)

Check!
せっかくのトイレを使わないなんてもったいない!だったら、綺麗なトイレで快適に!

理由その3. 間接照明がGOODだから!

出典:バンテック

これも前述したトイレの話と繋がっていますが、非常におしゃれな内装に仕上がっており、所有する喜びを与えてくれる素晴らしい出来栄えとなっています。

こんな素晴らしいリビングで過ごしながら旅ができるなんて、今から考えただけでもドキドキワクワクしてしまいます!

しかし、この素晴らしいリビングで快適に過ごしながら移動できる心地よさを、私はおそらく味わえることはないでしょう。

なぜなら私が運転せずに移動できる機会なんて滅多にないはずですから!

余談ですが、以前に2009年式のヴェルファイア2.4Zプラチナセレクションの7人乗りを所有しておりましたが、

私自身、快適な後席シートに踏ん反り返りながら、プレミアムサウンドシステムの5.1chサラウンドで映画を堪能しながら移動することなんて5年の所有期間のうちに一度もありませんでしたからね!(≧∀≦)

やはりこういう快適な装備は、運転しない人のためにあるもんだなあとつくづく思うわけです。

GRE(ぐれ)
ガッツリ運転を代わってくれる頼もしい奥さんをお持ちのかたが羨ましいー!!!

独り身の悲しさ極まりないですが、頑張って一人で運転するしかないですね!

代わりに2年生の息子に、踏ん反り返りながらドラえもんのDVDでも堪能してもらいます(^^;

Check!
妥協は後悔を招く!惚れたなら突き進め!!

 

理由その4. 機能が充実しているから

出典:バンテック

日本の気候は夏は暑くて冬は寒い。

それでも1年を通してずっとキャンピングカーを楽しみたい!

そう思うと、夏はしっかりエアコンが使え、冬はぽっかぽかに温まるヒーターが欲しい。

そういう要望をしっかり叶えてくれるのが、このZiL522です!

ZiL522はもちろんエンジン停止中でも「デュアルソース・エアコンシステム」でエアコンを稼働させることができます。

発電機が要らないってとこが本当に嬉しい!!

なんてったってサブバッテリーを3個積んでますから!

親切な読者さま
バッテリーを酷使しすぎるとすぐダメになっちゃいますよー

なるほど!使い方にも注意が必要ってことですよね!バッテリー交換のことを考えると費用もバカになりませんからね。

そんなこともあろうかと、しっかりソーラー発電システムもオーダーしておきましたよ!

ソーラー発電システムによって、バッテリーの寿命が従来の2、3年から約4年に延びたとの報告もあります。

実際、私のキャンピングトレーラーもソーラー発電システムをDIYで組み込んでおり、すでに購入から3年半が経過しています。しかし、まだまだバッテリーは普通に使えてますよ!

Check!
お金をかけるところと節約できるところを明確にし計画的なキャンピングカーライフを!!

 

理由その5. ディーゼルで4WDの設定があったから

キャンピングカーは思ったより重いです。常に満載の状態(過積載手前)だと認識した方が安全面に対しても有効だと言えます。

なので、動力性能は高いに越したことはないと思います。

私は以前、軽自動車のキャンピングカーをレンタルして旅に出たことがありました。

こんなやつです↓

その時は大人2名と子供1名、そして2泊分の荷物。

高速道路を走りましたが、ベタ踏みでも時速70キロしか出ませんでした。

速度に対しても不満はあったのですが、足回りが特に頼りない感じで、ちょっと急ハンドルでも切ったら確実に横転だなと思いながらハンドルをぎゅっと握りしめながら運転していました。

運転しているだけで、かなりのストレスを感じました。

親切な読者さま
軽キャンパーを敵に回してしまいましたね!

いやいや!そういうのじゃないんですよ!ほんとに(^^;

この時の旅はほんとに楽しくて、キャンピングカーというものを初めて経験した思い出深いものでした。

しかも、その時は車中泊の旅でしたので、キャンピングカーならではの機能性を活かすことができました。

手軽に車中泊の旅を始めたりキャンプをするには軽でも十分ですよ!

諸先輩がたのブログを拝見してみますと軽キャンだけでなく、カムロードベースでも実は足回りに関しては色々と不安要素があるように思えます。もっとも純正に限っての話だとは思いますが…。

なので、諸先輩方は色々とカスタマイズされているわけで、これもブログや情報交換で、ある程度の方向性が見えてきます。

足回りはカスタマイズしていけばなんとかなりそうですが、エンジンや駆動方式はカスタマイズで簡単にはできないと考えて、私はこれも後悔しないためにディーゼルで4WDを選択しました。

4WDも初めは要らないかなと思いましたが、年間通して使いたいのと子供を連れて雪遊びもしたいので、やはり4WDという決断になりました。

ディーゼルは振動や音の大きさを気にされる方が多いと思いますが、そんなデメリットに反してディーゼル車特有の図太いトルクをひとたび味わえばそんなことはどこかへ吹っ飛んでしまいます。

最初から食わず嫌いでガソリン車を検討している方は、ぜひディーゼル車も検討してみることを強くオススメします。1リットルあたりの単価も安いですしね!いずれ元が取れますよ!

ディーゼル車の魅力については、こんな記事も参考になりますよ!合わせて読んでみてくださいね!

ハイエース スーパーGL ディーゼルターボの良いところ

2017.06.30
Check!
カスタマイズできないところは事前にチェックし、後悔しないよう下調べは入念に!

 

理由その6. オプション品が充実しているから

ZiL522はカムロードがベースになっています。

カムロード自体がキャンピングカー向けに作られた車なので、パーツが充実しているのは当たり前のことですよね!

パーツが豊富なのでカスタマイズできる幅もグッと広がります。

キャンピングカーの醍醐味は、カスタマイズしながら快適化していくという楽しみがあります。

キャンプにはなかなか出動できず快適化に励んでいるお父さんたちもたくさん居られるでしょう(^ ^)

また、パーツ自体が非常に研究に研究を重ねたものも少なくなく、その代表的な例が「カーセールス・ワタナベのエアサス」でしょう。

私は、ZiL522購入前から正直言って足回りに不安を抱えてますので、最初から思い切ってエアサスを導入しようと考えてます。

強化ショックやスタビライザーにお金を費やしても最後はエアサスにたどり着くぐらいなら、最初からエアサスを組み込んだ方が安上がりなのではと思ってます。

現状、乗り心地や走行安定性でエアサスに勝るものはないと思ってますので、私は最初から行っちゃいますよ!

そんな記事を以前に投稿しましたので、こちらもご参考に!

カムロードにエアサス組むなら最初から行け!

2017.06.21

理由その7. オーナーさんが多いから

オーナーさんが多いということは、それだけ色々な情報を得られやすいというメリットがあります。

わからないことや、いろんな工夫など、SNSやブログで教えてもらえます。

そういうやりとりから、繋がりもたくさんできてより楽しいキャンピングカーライフを送ることができます。

また、新しくブログやツイッターを始める方は、オーナーさんが多ければ多いほどこっちを見てくれる可能性も大きいです。

反対に自分しか持ってないような珍しいものも、それはそれで価値がありますが、繋がりやすさで言えばやっぱりオーナーさんが多い方がいいのではないでしょうか?

Check!
SNSやブログを積極的に活用しよう!

 

まとめ

以上、私がZiL522(ZiL520)に購入を決めた7つの理由。いかがでしたか?

キャンピングカーは生活必需品とは必ずしも言えませんから、ふんだんに予算が使えればいいのですがそういうわけにもいきませんよね。

なのである程度の妥協は必要かもしれませんが、妥協すればするほど、何年か使っているうちに不満も多くなり、いずれは買い換えてしまうという結果もよく聞きます。

購入して1年や2年で買い換える場合のほとんどが、あまり下調べしないで勢いだけで購入してしまい、後になっていろんなことを知って買い換えるという結果を招いているんだと思います。

そういう失敗をしないためにも、「これが欲しい!」っていう信念はよほどのことがなければ曲げないことが、私は後々に後悔しない秘訣だと思ってます。

そのためには、綿密な下調べと、いろんな人の意見を参考にすることが大切です。

キャンピングカーのオーナーさんはブログを起ちあげていることも多いので、ブログから情報を得ることも役立つことと思います。

GRE(ぐれ)
そんな、ブログの一つにこのブログも加えてもらえたら…、うれしいです!!!
ザブングル
悔しいです!!!

みたいになってしまいましたが、今日はこの辺で(笑)

最後までお読み頂きありがとうございました。


sponsored link







2 件のコメント

  • こんにちは、naoです。

    トイレを含めシェル内の環境に文句はありません。快適化やDIYをするよりも純正のままなれちゃう方が生産的かなとも思っていますので穴一つ開けてないです。そのくらい満足度が高いですよ(笑
    無理してソーラー320W載せましたがほんと素晴らしいです。走行充電だとフル満にはやはりなりませんから。夏の昼間にエアコンも冷蔵庫も心配なく使用できます。
    楽しみですね〜納車。
    僕も後ろの席でふんぞり帰って移動したいですww今度嫁さんに運転無理やりさせてみます(笑

    エアサスいいですね。CSWが近くにあったらやってましたが。ぐれさんのお住まいになられてる地域にCSWの正規代理店とかあるんですかね?

    • naoさん、こんばんは!
      コメントありがとうございます。
      ひとつひとつのコメントが、さすがオーナーさんならではだなあと感心させられますね!実体験に基づいているので参考になります。ほんと、ありがたいです!
      シェル内そのままで十分ていうのが嬉しいですよね!トイレのペーパーホルダーぐらいでしょうか、買い足すのは。OwnedMediaのUnknownさんがブログで紹介されてましたので気になってますが(^ ^)
      私もソーラー載せるつもりなので、やっぱ正解だったかと安心しました(^。^)
      CSWの件ですが、私は岡山県でCSWまでは遠いので、西日本のお客さんは大阪にある正規代理店の富永自動車さんを訪ねてくださいとCSWのお店の人が言ってました。ここから250kmあるんですけどね(^^;

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です